スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い天使

 久しぶりの「外」は思いのほか暖かくて、居心地のいい世界だった。背中の翼が水を得た魚のように生き生きと動いてくすぐったい。真新しい制服のスカートを短めにしたせいで、ちょっとの揺れでもすぐに捲れそうになるのが少し嫌だけれど、憧れだった「オトナ」になれたのだ。これくらいは我慢しなくちゃ。
「さて、と」
 僕の背丈の何倍もあるビルを見上げながら、くんくんと鼻をひくつかせる。
 目的の匂いは、南から漂っている。迷わずそちらの方へ革靴に包まれた足を踏み出すと、耳が嬉しそうな人々の歓声をキャッチした。幸せな匂いは、幸せな声を引き寄せる。そういう場所には、僕たちも自然と集うのだ。
 銀色の十字架が掲げられたクリーム色の教会。ビルだらけのこの土地には少し不釣り合いのような気もするけれど、漂ってくる幸福の匂いは田舎町に佇む教会と同じものだ。さっきよりも背中の翼もひくひくと動いて、その幸せの匂いに敏感になっている。
 さあ、記念すべきオトナとしての初仕事に行こう。
 そう意気込みながら教会の門扉を通った僕が見たのは、幸福そうな笑顔を浮かべる新郎新婦……ではなく、僕に背中を向けた青い制服に身を包んだ「天使」だった。
「え」
 一瞬、何かの見間違いかと思って目を擦ってみたけど、やっぱりその背中から生えているのは僕と同じ「天使」の翼で、纏っている制服の色も白じゃなくて青だった。青い制服の天使。それはつまり……いや、でもこんなにあっさりと出会えるものじゃないはずだ。
 僕が話しかけようか躊躇っていると、青い制服の天使は僕の方をくるりと向いた。その瞳に嵌め込まれているのも寒々しい「青」で、僕は思わず身を退いた。
「……あ、あの……」
「行かないのか」
「え」
「仕事に来たのだろう? 今が最高潮に匂いが充満している」
 す、とその白い指先が教会の奥を指差す。確かに匂いは強くなっているし、今がまさに仕事時だというのも分かる。
 だけど、「青い天使」に遭遇したということが、僕の足を止めてしまっている。
「どうした、天使。行かないのか」
「君は……」
「私が仕事をしてしまったら、君の初仕事はなくなってしまうぞ」
「っ!」
 やっぱり。
 青い天使の役割は、白い天使のものとは違うのか。
 僕の表情を見て何を思ったのか、青い天使は薄らと笑みを浮かべた。
「下界と天界は真逆の世界になってしまったな。そうは思わないか、若き天使よ」
「……無限の幸せは、人間しか生み出せないものだよ。僕たちは今までそのことを知らずにただ限りある資源である『幸せ』を人間に与えてきてしまった。真逆の世界になったんじゃない、元々こういう世界だったんだよ、下界も天界も」
「本来の私たちは人間に『幸福』をもたらす存在。それを忘れて己の存在を守る為にエネルギーを搾取するのはその定義に反するのではないか」
「だって、そうでもしないと……人間に幸せを与えるどころじゃなくなってしまう。それに人間は自分で幸せを、しかも無限に生み出せるのだからいいじゃないか。天使はもう、人間に何かを与える役割なんてないんだよ」
「そうか」
 青い天使は静かに瞼を閉じて、再び僕に背を向けた。
「天使はもう、与えることを完全に放棄しているのだな」
「与えるものなんて、何も無い……ただ自分たちが生きるのに精一杯だ」
「……そうか」
青い天使がスカートのポケットを弄り始めた。その白い指先が捉えたのは、青い薔薇だ。
「……青い天使」
「……お前達は私たちを『奇跡』だと呼ぶが、私たちとて、人間に無限の愛を注ぐことはできぬ。いつかは力つきて、消えて行く存在だ」
 だが、と青い天使の手のひらから青い薔薇の花びらが舞い上がり、教会の奥へ吸い込まれて行く。幸せの匂いが更に濃くなり、僕はその強い香りに思わず膝をついた。
 そんな僕を再び振り返った青い天使は、静かな声で語りかけてきた。
「若き天使よ。私はお前達の生き方を咎めるつもりはない。それもまた、生を受けたものの生き様というものだからな」
「……君が生む幸せは、人間を幸せにしても、僕ら天使を救う訳じゃない。それでも、君は人間に愛を与えることを止めないのかい」
「それが、私たち天使に与えられた天命だと、信じる限りはな」
 そして青い天使は地面を蹴って、姿を消した。青い薔薇の花弁を僕の頭上から降らせながら。
 ひらり、と顔に張り付いてきた花弁を一つ指先でつまみ上げる。幸福の味がする、青い薔薇の花弁。けれどそれは僕たち天使にとっては何のエネルギーにもならない。
 教会の奥から漂う幸福の匂いも、そうだ。青い天使がもたらした力で、全て青に染まってしまって、そこから僕らのエネルギーとなるものは何も取れない。
「……僕たちのしていることは、神様の考えに背いているのかな」
 ぽつりと漏れた僕の言葉に応えるように、教会の鐘は清らかに鳴り響く。
スポンサーサイト

まちがいSOS

※軽微ですが女性同士の恋愛要素を含みます。

続きを読む

帰郷

ざくっざくっざくっ。
 キャベツを小気味よく切り刻むかのようなリズムを立てながら、真新しくできた雪道に足跡を刻む。一つ一つ、忘れないように。ざくりざくりと、また一歩。
「真樹ぃ、もうちょいゆっくり歩いてくんねー?」
 背後から情けない相方の声が聞こえてきてくる。夜の、しかも田舎の雪道だからかな。私たちの間には確かな距離があるはずなのに、その声は大きく響いた気がした。
「ケンくん、もうちょい頑張ろうよぉ。まだ歩き始めて十分も経ってないぞ~」
「むり~。オレインドア派だからむり~」
「なーに言っちゃってるの。ここ地元でしょー? 雪道歩くなんてぜんっぜん初めてでもなんでもないし。大体インドア派って、昔一緒にスキーしまくったでしょうが」
「そーれーはー! 昔の話ですー! 今は東京人だから無理ですー!」
「なーんだーそりゃー!」
 くるん、と荒く編んだ三つ編みを揺らして振り返った私に、ケンくんがただでさえ細い目を更にほそーくしてぜえぜえ言いながらざくん……ざくん……と見ていてちょっとイラッとするような速度で向かってくる。そんなんじゃ、ウチに着くのに夜明けまでかかっちゃうよ。
「やーい、こんじょうなーしー」
「真樹だってー、昔はへばってたくせにー」
「そーれーはー、私がか弱い女の子だったからですー」
「強くなって、良かったじゃん」
「ケンくんに散々鍛えられたからねー」
「単にオレの後追いかけてただけでしょー……ひぃ……」
 がくりと黒いニット帽に覆われた頭が下がる。
 うーん、こんな時ケンくんだったらよく引き返してくれて、おぶってくれてたっけか。だけど私は相変わらずケンくんより小さい女の子なので、成人男性を背負うのはちょいと無理なお話です。
 ざっくざっく、と大股でケンくんのところまで辿り着くと、彼の背中をミトンの手袋で覆われた右手でぺしぺし叩いてみる。
「おーい、ケンくーん、生きてるぅ?」
「いきてるーけど、これ以上歩けないー」
「背負ってあげたい気持ちはあるんだけどね、さすがにそれは無理だからさ」
「わかってるよー……はあ」
「だから、ケンくんの速度で歩いてあげることにしたよ。回復したら教えて」
「……水」
「はいはい」
 ペットボトルを差し出すと、私はきらきらの夜空を見上げた。
 雪道に、星空。何一つ変わらない世界(ここ)を見る度に、私はほんの少しだけほっとする。
 気がつけばケンくんの背中を追いかけながら変化の激しい中にいたものだから、無意識の内に緊張というか疲労感というか様々な負的エネルギーを抱え込んでいた。もちろん、ストレスは溜め込むだけじゃなくて、ちゃんと抜いてもいたんだけどね。それでもこう、どうにもならないことってあるんだよね。オトナになるとさ。
 だから、変わらない世界があることの有り難さ、噛み締めちゃう。
 一歩一歩踏みしめて、あー、今私が「私」感じてるわーって実感するのだ。
「真樹、元気だね」
「お、回復した?」
「ちょっとだけ。……何か、向こうにいる時より顔色いいんじゃない?」
「そりゃまー、地元の空気が美味しいからじゃない?」
 あっけらかんと笑う私に、ケンくんはまあな、と呟いてすぅっと息を吸い込んだ。
「……あー、うまい」
「うまいねえー。これでお酒があったら進んじゃうねえ」
「……オヤジじゃん」
「あ、ケンくん要らないんだ。じゃ、うちのお父さんと飲んじゃお。お父さんからいい焼酎手に入ったって聞いてたし」
「あ、ひどい! 新幹線のチケット取ったの、オレなのにー」
「じょーだん、じょーだん」
「はー、よかった」
「うちのお父さん、焼酎飲めないしね」
「え、焼酎が冗談だったの?」
「まー、いい焼酎はないけど、オイシイ地元の名産品とビールで乾杯するために、がんばりましょー」
 おー! と再び足を踏み出す私に、呆れたようなため息の後ケンくんが歩き出す音がした。
 ざくっざくっざく。私と同じリズムで。

あけまして

おめでとうございます!今年も当ブログ並びに原田をよしなにお願い致します。
ピクシブではいくつか小説のコンテストがやっておりますね。オリジナル小説の更なる広まりに期待したい2014です。
一月末までのBOX-Airのコンテストに間に合うか分かりませんが、ただいま水面下で頑張ってます。異端じゃ異端…。
四月末にはラノベ新人賞の〆切が集中してますし、一月は頑張りどころな気がします。
このブログはそんな合間の息抜きに毎週更新で頑張って行きます!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。